愛犬のしつけができてなければ…。

必要最低限のしつけをすることは必要だと思います。そうした誤りのないしつけを受けておくと、ラブラドールは見事な成犬に育つでしょう。
普通、歯が生え変わる頃の子犬というのが、かなり腕白小僧、おてんば娘であることから、子犬のうちにちゃんとしつけ訓練をしましょう。
基本的に、ただ甘やかしたりしないで、幼いころから適切にしつけを実践していたら、世界には柴犬ほど飼い主に従う犬はいないだろう、という程指示に従うんじゃないでしょうか。
ルールのある子犬期を過ごしていないために、トラブル行動を垣間見せる犬も、じっくりとしつけをする結果、最終的には聞き分けない行為が減る場合もあります。
気の昂ぶりが元で噛む犬をしつける時は、まずは落ち着いて、威厳をもって実行することが大事なんです。叱ってしつけをしても、無駄だと思います。

無駄吠えなどと言うものは、その名が示す通り、吠えることが妥当ではない状況に吠えること、オーナーにとっては吠えてもらいたくない時でも吠える行動になりますので、矯正したいと思います。
子どもに対して「これでは我儘なこどもになる」「社会の規則は会得させなくちゃ」などと考えて、保護者として何かするように、異常に吠える犬のしつけ訓練も大差ありません。
子犬を飼う以上、好き勝手にさせず、社会性を着実に学習させることは、とっても重要だと思います。最後まで愛情を注いでしつけてみてください。
しつけについては、賞賛してみるのが得策です。トイプードルは、基本的に聡明で明るい犬です。その点をサポートするしつけの方法が最適ではないでしょうか。
愛犬のしつけができてなければ、あたかも一大事のように、食べられるものを探し求めて、見極めなくいろんな臭いを嗅ぎ続ける散歩をしなければならないという結果になってしまうことだってあるでしょう。

実際ミニチュアダックスフンドは小さなサイズなので、いつまでたっても幼い犬のようで油断しますが、しつけは必要で、まず最初の段階でスタートすることをお勧めします。
一般的に無駄吠えが少なく、人になつきやすいだけでなく、飼いやすいとされるラブラドールだけど、それなりの大きい犬ですから、主従関係のしつけを大切に、それとは別のしつけもきっちりとするのが良いでしょう。
かつてはトイレ訓練のしつけでは失敗してしまったりすると罰則があったり、あるいは犬の鼻をこすってしかりつける方式が大半だったのですが、この手は実のところ、推奨できません。
基本的にポメラニアンは、しつけを受けてオーナーとの信頼関係を築くことを喜んで行う犬です。子犬であっても怠らずにしつけをすることがいいのではないでしょうか。
トイレで用を足すことを邪魔する病気などかかっていないか、専門の先生に聞いて、定期的にチェックすることなども必要でしょう。健康の維持が犬のしつけをする重要事項です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です